Loading...
  • facebook

幸を生む人々

 

生産者紹介

長門の恵 末永 裕治氏

img_subcont_seisan_kashiwa_suenaga2

Q:「ながとのめぐみ」という堆肥についてお聞かせください。

「ながとの恵み」というのは、地域に根ざした堆肥というコンセプトの中で、長州黒かしわ・長州どりやブロイラーの鶏糞を原料に発酵させて、地元でとれる米ぬかや、ウニをブレンドし作っています。磯やけを防ぐために、有害生物であるウニが駆除される。その駆除したウニの行き先が、処分先がなかなか無いという事例があり、それを肥料に入れて使っています。鶏糞に含まれる窒素の肥料効果もありますが、海の資源のミネラル分というのが追加され、この堆肥を使い育てた野菜は、すごく甘みがあって非常に成長もよく、大根でもすごい太くなったり、はくさいでも大きくなったりなどの効果が表れています。
発酵をとにかく十分にすすめているので、植物が吸収しやすい状態になっています。通常、未醗酵という状態であれば、土に投入したときに土の中で醗酵したり、そこでガスが発生し、根腐りなどがおきます。「長門の恵み」については、二次醗酵まで行うので、完熟堆肥の一歩手前ぐらいで止めている状態なので、根腐れもしません。

 

Q:こだわりと今後の夢をお願いします。

長州どりにしても長州黒かしわにしても、エサには抗生物質とか添加物とか一切使っていないので、その鶏の鶏糞は、当然安心で安全です。それを肥料に使うことで、野菜のほうにも、悪いものは残留せず、安全性もあるので、そのまま野菜のほうにも生かせます。
長門市と言うのは、養鶏業も盛んですし、牛の飼育も盛んで、山口県内の中を見ても盛んな畜産地域と言えます。当然、畜産から出てくる動物性の有機肥料が豊富にあるので、これをベースにした肥料で育った野菜には「長門の野菜」といった感じで、農産物にも特徴づけができていったらなという風におもいますね。